いつも前のめり

好きなことを好きなだけ

おしゃべりな犬

犬って、びっくりするくらい意思疎通できる。

ほんと言葉通じないってことを忘れるくらいに意思疎通できる。

他の生き物と暮らしたことないから、犬以外はわかんないんだけど、犬と暮らしてる人はわりと同意してくれるんじゃないだろうか…。

なんか「アウアウ~」って訴えてる時とかも、「あー、はいはい、ご飯ね(散歩ね)」ってなるじゃないですか。これたぶん、犬と暮らしてる人にとっては日常だからあんま思わないかもだけど、改めて考えると人語じゃないのに分かるのすごいよね。

それどころか、ジッと見つめられてるだけでも、何してほしいかわかるし、嫌がってるのもわかる。

散歩中に「さんぽたのしいねー!」ってニコニコ見上げてくるから、「ね~」って返しちゃうし、大好物とそこそこのオヤツの違いも分かりやすいし、私がお願いすると「あ~も~しょうがないな~」ってヤレヤレ感出しながら付き合ってくれてるから「ありがとね~」ってお礼言ってる。

いやほんと、全部伝わるよね。

犬は一言もしゃべってないのに。

すごくない?

 

おかげで犬に話しかけるのをやめられないし、犬を知らない人から見たら独り言なんだろうなって思うんだけど、いやでもこれ見てよ、めちゃくちゃ喋ってるからさって紹介したくなる。

 

おお、犬よ…今日もニコニコしてくれてありがとう…

人とコミュニケーション取るために目の周りの筋肉を発達させたなんて聞いて、愛しさ爆発しちゃうよね……ありがとね、犬……宝……

 

wanchan.jp

新人犬おむかえの記録【多頭飼い】

2024年6月15日。

元野犬の女の子がやってきた。名前はココ。

うちには先住犬のエルがいて、私とエルとココとの共同生活がはじまった。

そのなかで、「うお~~」と困ったこともあったので、その記録を残しておきます。

なんといっても、困ったときにネットで検索して「うちはこうだった」という、先人たちのブログやコメントがほんとにほんとに助かったので…。

たくさんの記録たち、ほんとにありがとう……この子達ぜったいに幸せにする、という決意の支えになりました…

これから、保護犬や多頭飼いをされる方の助けになればいいな、と思います。

(あと、振り返って「こんなだったね~!」ってなりたいので)

 

 

0日目:お試し期間開始

16時頃にココがうちに到着。

エルのテリトリー内でのお見合いは初めて。ココはあちこち匂いを嗅ぎながら、子犬らしい好奇心であちこち歩き回る。

エルも事前にお散歩で疲れさせていたので、吠えることはなし。

「まあ、なんかおるけど…」という感じで不審げにしながらも大人しく、ただ五感はフル活動でジッと様子をうかがっていた。

そのまま、夜ご飯をたべて、軽い夜散歩にいって就寝。

 

1日目

朝の散歩。

エルは通常運転で楽しそうにお散歩。ココもあちこち興味津々に匂いを嗅いで、軽快に歩く。元野犬ながらも、子犬の頃から人と関わっていたおかげで人工物に怯えることもない。トラックと自転車が少し怖いのと、子供の声に少し立ち止まる程度。

ただし、オシッコとウンチはうまくできずに、限界まで我慢してから、ケージの中で漏らすようにしていた。

また、この日は朝からエルがあちこちにマーキングを始めた。

メスながら、細かくお気に入りの場所にマーキングしていく。おかげで、ココのオシッコ我慢に拍車がかかる。あとはまだ緊張しているのもあるかも。怯えてる様子はなし。

ちなみに、二頭ともおびえたり、威嚇したりはなし。

食欲もウンチの状態もよし。

子犬らしいしつこさで、ココがエルにちょっかいをかけるが、エルはフル無視を貫いていた。吠え返すこともなく、さっさと伏せをして「私は相手をしませーん」とツンとしている。

そんな状態でも、お互いにクンクンと匂いをかぎあい、この日からエルもココのおしりの匂いを嗅ぎ始めた。(ココは初日から嗅ぎまくっていた)

 

2日目

ココは慣れてきたのか、あちこちでオモチャで遊び回る。

エルは相変わらず様子を伺っているようで、部屋の隅や、部屋全体が見渡せるソファの上からジッと観察していた。今までなら大好きだったおもちゃ遊びをしなくなったのが気になるものの、それどころでもなさそう。

とにかく新入りから距離を取っていて、エルに遊んでほしいココとはすれ違いが続いた。

ただし、散歩はエルのテリトリー外なので、通常通りのテンションで楽しそうに歩いていた。

また、この日もまだ、ココは限界まで我慢してからケージ内のトイレで漏らすようにオシッコしていた。

 

3日目

お外でウンチできるようになったココ。でもオシッコはまだ我慢が続く。

エルも相変わらず外では楽しそうにお散歩できるが、部屋では遠巻きにココを観察し、ココが近寄ってきたらすかさず逃げるを続けていた。

大丈夫だろうか…と不安になるが、食欲やウンチの状態も問題なし。

尻尾を巻いていたり、ガルガルすることもないので、とりあえず様子を見ることに。

 

4日目

外でエルがオシッコ・ウンチをするたびに褒めることを繰り返し、ついにココが外でオシッコ・ウンチに成功。

また、室内のトイレをエルのものと分けたところ、ココはそちらでトイレをするようになった。元野犬の習性なのか、ケージ内でのトイレは嫌うみたい。あとエルのトイレはだめって思ってるのかな?トイレ2つが良かったと書いてくれた人ありがとう。

そしてこの日から、散歩中にココからちょっかいを掛けられたら、エルがはっきりとワンワン吠えて叱りつけるようになってきた。そのたびにココは少しシュンとして、でもやっぱり子犬らしく、またすぐちょっかいをかけては叱られるを繰り返す。

でもこれで、上下関係はハッキリ決まったようだった。

ただ室内ではどうしてもエルの縄張り意識と、私を奪われるという意識からか、この日からはっきりとガルガル怒るようになってきた。

一方で、ココはこの日からお腹を見せて撫でさせたり遊んだり、エルだけでなく、私のことも後追いもするように。

 

5日目

ガルガルが増えた翌朝、エルが嘔吐した。

でも吐いたものを見ると胃液のみの黄色い液体で、ぐったりしている様子もなし。水もしっかり飲んで、食欲もある。「お散歩」というと、ニコニコと玄関へ走る。

それでもこのときの私は不安マックスで、部屋の隅にいて嘔吐もして、私の膝の上ではくったりとし、オモチャで遊ばなくなったエルが心配でたまらず、もしかしてココをこのまま引き取るのは無理…?という考えが不意に浮かんだ。

ただ早々に決めつけるのも良くないし、引き取りたいと決めたのだしと思い、ココのいた保護施設のスタッフさんにLINEのビデオ通話で様子を見てもらうことに。

そのうえで出た結論が、エルの仮病(幼児がえり)。

たしかに、とにかく元気はあって食欲もある。尻尾を巻いて怯えている様子もなく、震えたり、過剰に怒る続けることもない。睡眠も取れているし、ココがしつこくなければリビングスペースにも出てくる。

ココが近寄ってきても、常に歯茎をむき出しているわけでもない。

逆にエルがガルガルと剥きっ歯で怒る場面は、「私の膝の上にいて落ち着いているところを邪魔されたとき」「自分がいつも寝ているベッドの上でココがちょっかいをかけてきたとき」「ココがしつこいとき」なので、怒る理由のある時ばかり。

そして食欲もあるうえで吐いたものが胃液のみということは、消化もしっかりできている。(うんちの状態も良い)

そういったことを一つ一つ明らかにして、スタッフさんと「大丈夫」という結論になった。

そしてスタッフさんによれば、今これくらい近寄れているなら、十分だということだった。

◀エルが起床後すぐに嘔吐した朝。嘔吐から2時間後くらいの二頭。微妙な距離感ながら、接近している。

 

 

 

 

 

 

よかったほんと~、と安心しながら、スタッフさんとさらに相談して次のことを決める。

 

・これまで通りに、優先は先住犬のエル

・サークルでそれぞれのスペースを作るなどはせず、このまま共同生活をさせる(気性難のエルの場合、サークルがあると過剰に攻撃的になる可能性があるため)

・ただし、ココには留守・就寝・食事時に使用する専用ケージ、エルの避難場所としてベッドやソファ、クレートは確保(でも人間が介入するより、なるべくココが近寄ったときにエルが怒ることを優先する:怒られたココがきちんとエルの場所だと理解するため)

・エルが私と遊んでいるときは、エルを優先

・ココと遊んでいるときにエルが寄ってきたら、ココを構いながらエルも構う

・エルとココが同時に参加できる簡単なスワレ・マテのトレーニングに時間をかけてみる(ご褒美はエル優先

・散歩は今も二頭とも楽しそうなので、これまで通り

このような感じ。

保護施設のスタッフさんが、相談しやすくて本当に助かった。

 

 

6日目

びっっっっっくりするくらい仲良くなり始めた。

プレイバウはまだ見てないけど、お尻だけじゃなく顔のニオイも嗅ぎあっている。

マジギレからの距離の縮まり方が尋常ではない。

殴り合って仲深めるステレオタイプのマイルドヤンキーなの?

それはともかく、仲は良くなり始めた。まだエルはオモチャで遊ぶことはしないけど、それでもワンプロは楽しんでるようでニコニコと尻尾をフリフリしていた。

幸いにも、どちらもワンプロ大好き犬。

ボスはエルに決まったうえで、ココは下手に出つつ、エルも手加減しつつで上手に遊んでいた。

 

 

 

そんなかんじで1週間。

ここまで仲良くなると思わなかったけど、すっかり仲良しのエルとココ。

うちにきて2週間になる今では、まだサークルメインの生活をしているココを、「早く出して」とエルから催促されているし、オモチャへの興味も復活したようで、引っ張り合いっこをして遊んでいる。

 

嘔吐したり、膝の上でくったりしていたときには本当に肝が冷えたけど、そんな調子でも1週間で仲良くなったりするからビックリしたな。

はじめの数日の悩みがすっかり吹き飛びました。ほんとによかった。

その後、ココにとってもうちで問題なかったようで、このまま正式にお迎えとなりました。これからよろしくね。

そしてこの1週間の経験が、どなたかの多頭飼いスタートのヒントになるといいなと思います。

 

2週間後の二頭。すっかり添い寝する仲。

 

近況はinstagramで✊️

犬とプールサイドの風

冬は朝の8時ごろにプラプラと散歩しているんだけど、もう7月ともなると全国どこもかしこも熱中症アラート連発だし、私の居住地域も8時には日向だと30度を超えている。

だから、ドッグオーナーの宿命ともいえる早朝散歩をしてるんだけど、6時台でギリ26度~28度くらいかな、という気温。

なるべく木陰やタワマン周辺など、影とビル風を狙って散歩コースを組んでいるのだけど、それでもなかなか厳しく感じる。

とはいえ犬にとっては、これくらいならまだ「散歩楽しい!」が勝っているようで、毎朝ニコニコと歩いていて可愛い。

完全に夜型の私だけど、まああのニコニコには変えられないので、どうにか6時台に起床して、犬の熱中症とアスファルトの熱さにとにかく意識を集中させながら散歩している。

 

そんな気を張りまくった早朝の散歩中、日陰に差し掛かった頃合いにサーッと風が吹き抜ける。

汗ばんだ肌には、これがもうとにかく気持ちいい。

暑いんだけど、「すずしー」って思わず声もでるくらい気持ちいい。

 

そんで、この涼しい風を浴びていると、ふっと思い出すのが小さい頃のこと。

夏になると、親だとか、友達んちに混ぜてもらったりしては遊びに行った市民プールの記憶だ。

メインの流れるプールと小さなプールがいくつかあるそこは、一定時間ごとに休憩があって、その間は誰もプールに入らずにプールサイドで休憩することになっていた。

そのあいだ、私はよくフランクフルトやきつねうどんを食べていたんだけど、これがまた冷えた体にめちゃくちゃ美味しい。

あれは塩気もちょうど良かったんだろうな。とにかく馬鹿みたいに、この2つのどっちかを食べてたんだけど、それを食べながら、誰も泳いでないプールサイドで感じた風が、まさしくこんな感じだった。

すずしーって、思わず声が出ちゃうかんじ。

夏の日差しは容赦なくて、気温だってプールに入るくらいだから暑かったはずなんだけど、そんな中で吹いてくる風のひんやり心地良い感じ。

あれほんと気持ちよかったなって。

 

で、それをいま朝6時の散歩中に浴びてるわけ。

6時かあ、すくなくともあれ昼以降だったと思うけど、いまは6時じゃないと無理かあって。

夕方以降に散歩へ行くにも「お、蝉が鳴いてるから涼しいぞ」って、雨上がりのカラスみたいに、蝉の鳴き声で判断してる始末。

今日も不要不急の外出は控えてねってお達しが出てるけど、ほんと、夏ってこんなだっけって思ってる。

どうにか今年も、生き抜けますように。ガチ目にそんなことを思いながら、明日からは5時台起床に突入かな、と思ってるよ。

 

各位もどうぞ、お気をつけて。

友達じゃない女と女

最近ハマってるyoutubeがコチラ。

お笑い芸人ハリセンボンのyoutubeチャンネル。

ハマってるというか、日常のルーチーンに組み込まれたというか。

 
www.youtube.com

こういうゲスト回(これはガンバレルーヤがゲスト)なんかもあって、サムネも賑やかだし、内容もワイワイしてて楽しいんだけど、ま~~~~~とにかくストレスがない!!!!!

しかも二人のおしゃべりがやっぱりプロで面白いし、かといって「いじり」もないし、基本的には二人のしたいことをしていて本当に見ていて楽しい。

仕事中にもラジオ感覚で聞いてるくらいハマってます。

※ガンバレルーヤゲスト回は笑いすぎて涙出たくらいなので家でみて欲しい

 

そんなハマってるハリセンボンのチャンネルなんですけど、見ている中で、こんなにお互いの呼吸がバッチリ合ってるのに「友達ではない」っていうのが会話の端々に表れると不思議な感覚に陥るときがあります。

付き合いの長さからお互いの色の好みを知ってるのに、休日の過ごし方を知らないとか。

「え、そんな事も知らないの!?」みたいなことを「初耳~」みたいなコメントしてるとほんとビックリするんですよね。

こんなに息ぴったりなのに。

 

あとVlogとして、ふたりの私生活を垣間見せてくれる回もあったりするんだけど、そういう場合、それぞれに一人で、または友達と思い思いに過ごしていて、そういう休日回に二人が一緒だったことがない…。

 

仲良さそうなのに…?

みたいにちょっと不思議な感じがあったんですが、逆にビジネスパートナーでも仲良くはできるよな、みたいなのをふと思い出しました。

それの最たる描き方が、たとえばアンナチュラルのミコトと東海林さんですよね。

TBS「アンナチュラル」公式サイトからの引用写真。ミコトと東海林のツーショット。
(引用:TBS「アンナチュラル」公式サイト)

6話の「友達じゃない」で、喧嘩もするし恋バナもするし、飲みにも行くけど友達じゃなくて、仲良しだけど仕事仲間っていうあの関係。

 

そうだわ、あれだわ~ってなったあとに、私にも「仲良し=友達」っていう偏見の図式あったんだなーとなりました。

 

べつに、好感度がお互いに高くて、コミュニケーションが円滑な相手が丸ごと友達の枠に入るわけではないよな。

そして先にリンク貼ってあるガンバレルーヤのゲスト回なんかは、そんなハリセンボンの二人と、同じ屋根の下で生活してるガンバレルーヤの二人っていう、それぞれ同じ職業を持ちながら、違った関係性を構築している芸人4人のトークが炸裂していて、超おもしろかったので、超みてほしいです。

 

なんかこう、シスターフッドジャンルとかではないんだけどさ、頑張りすぎた日なんかにも、ハリセンボンチャンネルのおかげで肩からフッと力を抜けるような、そんな大好きなyoutubeチャンネルです。

これとかもね~オススメで、超真似したいって思ってる。W成人式。

youtu.be

あとすぐ影響されるから、朝ご飯も行きたいな~。

犬ってやつはさ

あっちで寝てたはずなのに、こっちで盛り上がってワッと笑い声があがると、パッと起きて輪の中心に頭をねじ込み、あたかも自分も最初からそこにいたみたいにニコニコしながら舌をだして私たちを見上げてきたりする。

パトカーのサイレンを聞いて遠吠えするときは、音のする方と私を交互に見ながら、警戒を促したりする。

私が洗面所で無防備なあいだ、玄関のある方へ向いてずっと見張ってくれてたりする。

ピンポンが鳴ると警戒吠えするけど、実は私が留守のときにはべつに吠えてないこともペットカメラで知っている。

私がワクチンの副反応で寝込んでると、ぎゅっとお尻を私の体に押し付けて、玄関や窓や音のする方を警戒しまくっていたし、起きたらベッドの周りにオモチャの祭壇ができていた。

隙あらば膝の上に乗ってくるし、あざとい目でオヤツをおねだりしてくる。その目に弱いって知ってるんだよね。

たくさんオモチャもあるんだけど、道端でひろった木の棒のほうがテンション上がって遊びまくってたりする。

春前のいまは、新芽の匂いをクンクンかいで、私よりも色濃い春を堪能しているようだ。

最初はウンチをそそくさと拾う私を不審がっていたけど、今では「どうぞ」と譲ってくれる。

美味しいごはんを食べた後は、ずっと口周りをペロペロして余韻を味わってるのがディズニーアニメみたいでかわいい。

アゴを乗せるためのちょっとした段差を見つけるのが上手で、私はしょっちゅう足を動かせなくなる。

犬、ほんとお前ってやつは、かわいくって仕方ない。